twitter

facebook

line

twitter

facebook

line

気になるオフィス!
他社のオフィスってなんか気になる!いろんなオフィスをご紹介します!

ライター:セッキ―

2022.10.24

サイボウズ:働き方の変化に対応し続けるBIG HUB。リニュアルエリアはどう進化した?

こーんにぃーーちはぁぁーーーーー!!!(笑)

サイボウズさんが今年の夏、オンライン上で開催した「サイボウズユーザーフェスティバル」、ご覧になりましたか?8月に一部エリアの改修が完了したという本社オフィスを紹介してくれていたんです! その模様を見て、こりゃ行くしかない!ということで行ってまいりましたよ。

気になるオフィス!では2015年の本社移転時に初取材をさせてもらいましたので今回二度目の訪問となりました!
→当時の記事はこちら→ サイボウズ:日本の道の出発点、日本橋に「Big Hub」ができた!

もともと27、28階の2フロアに入居しているサイボウズさんですが、今回のリニュアルでは27階の執務室エリア(対象区画約400坪)をガラリと様変わりさせました。

増員しても床面積をキープし“リニュアル”を決定

年間13~15%程度の増員を続けている成長企業の同社ですが、「増床移転しない」決定に至るまでには、きめ細かい取り組みがありました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
2020年5月 働き方アンケートを実施。働く場所の希望については
「ほとんどオフィス」~「オフィスと在宅半々」が6割以上に。

ワーキンググループ結成、ワークショップ計4回の実施

2021年4月 再度アンケート実施。ここでは出社率が30~40%の想定に。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

この結果と、今後も年間13~15%の増員は続く見通しであることを踏まえ、移転ではなく、一部エリアを働き方に合わせてリニュアルすることが決定していきました。

テーマは?

サイボウズの「サイ」に「クル」、なんとダジャレでしたね~~♪
PJチームが楽しそうにとりくんでいるような空気が感じられます!

課題になっていたことは?
×WEB会議の音問題(もしくは単なる音問題)
×超集中スペースとされているエリアが使いづらい(個室なく、ゾーン分けされているだけだった)
×リアルとバーチャルのハイブリッドでエコシステムを拡大できるスペースの不足問題


課題解決のためのリニュアル内容は?
◎【増設】個人ブース、超集中エリア
◎【増設】交流、多目的エリア
◎【増設】常設スタジオ

◎【削減】島型対向デスク
◎【削減】個人ロッカー


なるほど、では実際どんなふうに生まれ変わったのか、、、
図の矢印のところから、いきますよ~~~~~!

▼27階の鳥瞰図からリニュアルエリアだけを抜粋したもの

ドキドキ。

印象的なイラストが目に飛び込んできます。デザインコンセプトの「ダウンタウン」から“路地裏”をイメージしたもの。等身大の建物のイラストになってます。

その奥はスタジオかぁ。(内部は後ほど)

なんか視線を感じたのは気のせいじゃなかった!この遊び心♪
皆さん毎回、このコに挨拶してからスタジオに入っていくんですね。(たぶん)

さあ、消毒をして、この先はきちんと入室許可をいただいた人しか入れないエリアになります!

じゃじゃーん、まず広がるのが【GALLERY】。右の壁、気になりますね~

動物や隠し文字が描かれているほか、よく見るとイラストがちゃんとつながるように印刷されたカーテン。これはすごいなあ、大変そうです・・・この奥に、スタジオがあるわけですね。

はい、こんな風になってるみたいです♪(公式note「サイボウズの舞台裏」より)

チェアのカラーリングがかわいいです~

【SHADE】次は落ち着いたグリーンの空間です、窓の外にはスカイツリーが見えます!写せなかったけど^^;

ダイナミックなテーブルが印象的!向かい合って座ると気になってしまう目線問題は、大きな植栽がほどよく遮ってくれます。これはフェイクグリーン。

このスペースの使い方を説明したポップ、ユーザーに寄り添います。隣にはご意見箱にアクセスできる二次元バーコード。

着座センサーで使用頻度などを図り、今後のオフィス構築に役立てます。

【FOUNTAIN】土足禁止のエリア。ゆったり仕事できそうです♪

夜景はこんな・・・タワマン、なんて呼ばれることもあるらしい…勝ち組の匂いがしますね

【ATRIUM1・2】低めのソファで落ち着きます♪ すべてのスペースのサインには点字も一緒に表示されてます。

【CENTRAL PARK】うわあ広い!オレンジと白とグリーンがとってもさわやかな公園のような場所!これはまさに中心になりそうな広場ですね!

♪気になるポイント♪
筆者が今回一番気になったのが、テーブルと椅子の向き、置き方です。

○一般的には・・・中央の植栽を囲う部分はテーブルで、周囲に椅子を置くイメージでは?

◎でもここは・・・中央の植栽をシート(ソファ)でぐるりと囲い、その周りにテーブルを置くスタイル。つまり背中合わせ。自然と顔が外側に向くので会話が生まれる!!これはいい。
(背後をとられたくない、という人にも嬉しい^^;)

この角度から見ると、「C」の文字が見えるんです~サイボウズの頭文字、「C」ですね!

オレンジのコンテナは荷物置き♪

沢山ポップが掲示されているのも気になりました♪ とっても親切ですよね。プロジェクトチームの「みんなに使ってほしい」という想いがあちこちで感じ取れます★

一日のリズムを光で調節しているんですね。最近よくあるやつです

【Marche(マルシェ)】は、社内のアシスト専門メンバーが常駐する窓口。貸出品や落とし物、その他困りごとはこちらで。うまく撮れてないんですが、暗くなっているとこに実はお二人座っていらっしゃいます(笑)

【CYBOZU CAFE】みんなが集まる場所にはやっぱりカフェですよね♪ コーヒーのほかに抹茶ラテやココアドリンクなんかも!

CENTRAL PARK周辺の会議室はウキウキするようなネーミング♪ アイスクリームとベーカリーです!

【DECK】窓際のコーナーは仕事にも雑談にもランチにも、使い方自由なフリーゾーン。天井が鏡面になっていて空間に広がりが生まれてます!

【POND】ツルッツルの青いボール型のライトが見えてきました。ここからは超集中エリアです。今回特に皆さんが期待された場所と言っていいのではないでしょうか。 ちなみに右手前は会議室【TOY】。

内側から見たところ!公式note「サイボウズの舞台裏」より

たっぷり設けられた個室、【CABIN】は全部で16室。車椅子も入れる、ゆったり広々設計ですね。壁の色はサイボウズの4製品(kintone、Garoon、サイボウズ Office、Mailwise)をそれぞれイメージした4色を使っています。

一つひとつデザインの違うサインが貼られています~♪凝ってるなあ

奥から見たところ。

ロッカールーム発見!
え?600人以上が使うオフィスのロッカーなのになんとコンパクトな。今回個人ロッカーを全部なくし、全員ファイルボックスにした!という思い切った運用に!
その個数は、出社頻度によってルールがありました。

*週1回以上の人 →ボックス最大2個
*月1回以上週1回未満の人 →ボックス最大1個
*月1回未満 →なし


逆に、出社頻度が多くても荷物が少ない場合はボックスを返却するのもOKという、画期的なシステム!

こちらはコピールーム。真っ赤なカーペットで気持ちも元気に!

あ、いたいたアシストチームさん!マルシェの内側はこうなってるんですね~!

1周しました★

オフィスはチームワークのHUBに

このプロジェクトを率いたのは人事本部/環境デザイン部/ワークプレイスチーム。人事本部に所属しているというのも珍しいですよね。

コロナ禍以降、より一層どこでも好きな場所で働けるようになり、物理的オフィスが持つ意義を問い直しました。自宅、サードプレイスなど様々な“働く場所”におけるそれぞれの特徴を整理し、リアルオフィスについては下記のように価値を位置づけました。

オフィス=
  ●サイボウズの世界観を表現できる
  ●特殊な機能を持たせることができる
  ●多くの人が集まれる
  ●意図的にも偶発的にもリアルでつながれる
  ●チームワークをシームレスに広げられる

人事本部/環境デザイン部/部長
伊藤優香さん

「“オフィス”という言葉についても見直しました。『チームワークのHUB』になるという意識を強く持ち、“チームHUB”に置き換えていくことになりました。今後、対外的にもこの言葉を使っていくように準備を進めているところです。」

――社員の反応はどうですか?

「メンバーからの『なるほど、ワークプレイスチームが実現したかった働き方はこういうことか!』という反応が確認でき、効果を実感しています。

固定席にこだわりのあったメンバーが27階を利用してみて、“こうやって好きな場所を選んで仕事するの意外といいですね“と納得感を示してくれて、固定の自席を返却してもいいかも、という考えにまで結びついたケースもあり、とても嬉しかったです

フリーアドレスを活用した『一日の過ごし方』の事例資料を作ったことも、ABWのイメージをより鮮明にしてもらうサポートになったようです。よく女性誌にある1週間のコーディネート、みたいな感じです♪」


▼ABW説明資料によってイメージしやすくなる(※資料中の写真・レイアウト等は、実際の設計とは異なる)

――なるほど!わかりやすいですね!伊藤さん自身はどのように一日を過ごしてますか?

「自席はないので、まず28階の自分のボックスからPCをとりだして、27階で朝日を浴びながら仕事して来客対応などもして。午後は28階で集中して仕事。そんなパターンが多いです」


      *    *    *    *    * 

そうそう、ロッカー(ボックス)だけでなく28階にある固定席についても、いつでも返却ウェルカム♪なんですって!ときにはキャンペーンを張って、「今返却すれば、お荷物を自宅まで配送しますよ~」なんていう特典を付けたりしているそうです^^ そのアイディア、なるほど!!でした★

こういった取り組みによって、この床面積のままどこまで増員を続けられるのか、楽しみに見守りたいです!

今回の取材までにリニュアルしていたのはこんなところ♪

最後にちょっぴり、以前の取材時にはなかった、先行リニュアル&増床部分をご紹介します!

まずは、今年の春に先行オープンしていたという、来客エリアにある会議室の一つ、【DIVER】。(たぶん以前【MUNBAI】だった!)

その名の通り、海の中にいるような気分を味わえるお部屋。WEB背景としても映えますね~ 土足禁止で、座卓のような低い家具なのでお子さんも安心して遊べます。また、写真では写せてませんが、小上がりになってる(段差がある)ことで視覚障害のある方でも“ここから靴を脱ぐ”ということが伝わるようになっているんですって。手前は車いすを回転できるほどのスペースを作ってありました。

天井にはお祈りの方向を示すマーク。膝をつくときのための敷物も常備してあり、お祈り部屋としても使える・・・もう機能満載過ぎます!

【サイボウズカフェ キノコ】あれ?この大木はあったけど、以前と雰囲気違うな~と思ったら。キノコ生えてきちゃったんですね。

【サイボウズファクトリー】なんだかすごく楽しそうな壁です♪ このセミナールームができて直後にコロナ禍に突入・・・その後は仮設スタジオとして活用されていたとのこと。年間90本もの撮影があるそうです。

また独特の世界観ですね。

造作?のテーブルもステキ♪最近はまたリアルセミナーの開催が復活してきているとのこと、がんがん活用してほしいですね!

サイボウズカフェいくつあるの?!
とってもオトナな雰囲気のバーカウンターは、セミナー後に商談などができるような場所。(この左側の通路を行くと、今回のリニュアルエリアにつながります)

以上、サイボウズさんでした!

今回も楽しく取材させていただきました。一日ここで過ごしてみたいです~~~(悲願)
スペースごとにいろんな世界観があってどこで仕事するか迷っちゃいますね!

今後28階の執務スペースも少しずつ手を入れていく予定だそうなので、また取材させてくだださ~~~~~い!!!

ありがとうございました!

Informationサイボウズ株式会社 https://cybozu.co.jp/

*リニュアル規模:約400坪
*全体規模:2フロア、約1,650坪
*従業員数:881名 ※うち、東京オフィス634名(2022年6月時点)
*設計:コクヨ株式会社
セッキ―

この人が書いた記事一覧へ

ライタープロフィール

整理収納アドバイザー(準一級)、防災士。2014年入社、当社で初めてライターに挑戦。キャリアのスタートは銀行員、その後リクルートグループ、大手税理士法人、スポーツアパレルなど複数の事業会社で管理部門、企画部門、秘書などを経験しながらカルチャーショックのシャワーを浴びまくる。2度の高齢出産を経て復職し、現在家事・育児・リモートワークに奮闘する毎日。無類のコーヒー好きで趣味はハンドメイド。いつかはインタビューされる側になりたい!

この人が書いた記事一覧へ

セッキ―

この人が書いた記事一覧へ

ライタープロフィール

整理収納アドバイザー(準一級)、防災士。2014年入社、当社で初めてライターに挑戦。キャリアのスタートは銀行員、その後リクルートグループ、大手税理士法人、スポーツアパレルなど複数の事業会社で管理部門、企画部門、秘書などを経験しながらカルチャーショックのシャワーを浴びまくる。2度の高齢出産を経て復職し、現在家事・育児・リモートワークに奮闘する毎日。無類のコーヒー好きで趣味はハンドメイド。いつかはインタビューされる側になりたい!

この人が書いた記事一覧へ

  • すべて
  • 気になるオフィス!
  • 気になるこの人!
  • 気になるグッズ!
  • 気になるワダイ!

TOPへ

気になるオフィス!

三井デザインテックCROSSOVERLab:多要素デザインからなる上質空間トリップ体験は、クロスオーバー盛り込みすぎだった!

2022.12.26

三井デザインテックCROSSOVERLab:多要素デザインからなる上質空間トリップ体験は、クロスオーバー盛り込みすぎだった!

気になるオフィス!

三菱地所プロパティマネジメント:2ビル分散もポジティブに!シンメトリーオフィスで、丸の内を五感で味わう

2022.12.23

三菱地所プロパティマネジメント:2ビル分散もポジティブに!シンメトリーオフィスで、丸の内を五感で味わう

気になるオフィス!

丸紅:つながり・成長を生むワークプレイスはこだわり満載すぎだった!【PART2~執務フロア編】

2022.12.13

丸紅:つながり・成長を生むワークプレイスはこだわり満載すぎだった!【PART2~執務フロア編】

気になるオフィス!

丸紅:つながり・成長を生むワークプレイスはこだわり満載すぎだった!【PART1~来客スペース&食堂編】

2022.12.09

丸紅:つながり・成長を生むワークプレイスはこだわり満載すぎだった!【PART1~来客スペース&食堂編】

オフィスのソムリエサービスとは?

オフィスの日常運営におけるニーズやオフィスの構築・移転・改修に関するご相談、お問い合わせに、経験豊富なスタッフがお答えいたします。お問い合わせ・資料請求はお気軽にどうぞ。

チャット相談

当法人は、みなさんの協賛を得て
活動しております。

And more