twitter

facebook

line

twitter

facebook

line

気になるワダイ!
最新サービスやワーキングスペースのこと、ときどきチェックしてね!

ライター:セッキ―

2021.01.29

オンライン会議“映え”間違いなし!「アート」を取り入れた新しいコンセプトのシェアオフィス『A YOTSUYA』

曜日貸しオフィス”WEEK”を展開するサンフロンティア不動産さんが、新たなコンセプトのシェア型オフィスをオープンしました!

それは、、、「A YOTSUYA(エーヨツヤ)」。

NYブルックリンをイメージした外壁&内装に香り高いコーヒー、心地よい音楽、さらに躍動感あふれるミューラルアート(壁画)を施した、ほかにはない特別なシェア型オフィス。

オフィスの価値が問われる今、「アート」という要素を取り入れることで付加価値アップ。「アート」から刺激を受け自由な発想を喚起し、コミュニケーションやイノベーションを生み出す、そんなコンセプトで設計されました。

それではA YOTSUYA、ご紹介していきます!

もともとはビルのリプランニング事業をメインとする同社。このビルについても当初は通常の賃貸用として進めようとしていたのが、事業部責任者のアイディアで「新しいコンセプトのシェア型オフィス」として構築することが決まったといいます。そして内装を含めたオフィスのコンセプトは、かねてより訪問を重ねていたNYの土地からインスピレーションを受け、ブルックリンの要素をふんだんに取り入れました。


22部屋それぞれで放たれる、
ミューラルアートの魅力


その特徴はなんといってもダイナミックなミューラルアート。10名のアーティストによって、22の各部屋にそれぞれ違うオリジナルのアートが壁に直接描かれています。今までにないシェアオフィス。

それでは、百聞は一見に如かず、ということで!
まずはこちらをたっぷりご覧ください~~~

どうでしょう、お好みのものはありましたか?
どれもインパクト抜群、一度見たら目に焼き付いちゃうアートですよね!筆のタッチまでじっくり見ることができて躍動感が感じられます。こんなアートを背景にWEBミーティングしたら“映える”こと間違いなし!!!

額入りの絵画を飾るのとは違い、場所をとらないし額の上にホコリもたまらない!基本的に各部屋の1面にだけアートが描かれています。壁の一部分がガラス張りになっているおかげで、隣の部屋のアートもチラ見えしちゃうという、遊び心満載なオフィス♪

アートは特にテーマを設けず、アーティストさんの個性と自由な発想で描いてもらったそうです。今後、アーティストの活躍の場としても注目されそうですよね!「この画のお部屋が空くまで何ヵ月でも待ちます!」みたいな声が聞けるのを楽しみにしているそうですよ^^

ちなみにこちらはエントランス。 目立つのですぐ発見できますね。

こだわりの演出 会員専用ラウンジ

ビルは4フロア。すべてのフロア中央には会員ならだれでも利用可能なラウンジがあり、それを囲むように執務室が配置されているため、まるで美術館です。こだわりの家具にエイジング加工された壁面など、ブルックリンの世界観を存分に味わえる空間を演出しています。

本格的なコーヒーを愉しめる

ブルックリンロースティングカンパニーの本格的な機材を導入。常駐するコミュニティマネジャーが、豆から抽出し淹れてくれるそう♪朝昼夕と、芳醇な香りがオフィスを満たします。

ルーフトップバルコニー

最上階の4階からはバルコニーにも出ることができます。昼間は気分転換にここでランチかな~。入居者同士のコミュニケーションの場として最適です。

ちなみにこちら、竣工前のパース画像ですが、夜のイメージ。ロマンチックですよねぇ♪

充実の設備

美味しいコーヒーのほかにも、冷蔵庫にはビール(有料)、ウォーターサーバー、電子レンジも。もちろんWi-fi環境やプロジェクター、各階に複合機も設置。

アメリカのクラフトビール革命を起こしたパイオニア的存在ともいわれる、ブルックリンブルワリーのビールが飲めちゃう♪

地下のイベントスペース

地下には広々としたイベントスペースが用意されていました。100名程度の収容が可能とのこと。もちろんここにもアートが!「enjoy」というメッセージのとおり、早く大人数が集まるイベントができる状況になって、みんなに笑顔が戻ってきますように、、、

ご担当者にお話を伺いました!

「アートに興味をお持ちの企業様に借りていただく、というのはすごく嬉しいケースです。事業の種類に関係なく利用していただけると思いますし、“このアートのためには何ヵ月でも待ちます”、なんてお声を聞けたら面白いなと思っていますね。

執務室は6名・8名・12名となっていますので、スタートアップの企業にはピッタリだと思います。また今オフィス面積を縮小する企業も少しずつ増えていますので、例えば30~100名くらいの企業でも実際の出社は数名、という場合にご利用いただく、というケースも想定されますね。完全にオフィス脱却している企業でも書類の保管や、本社のオペレーション機能としても使えると思っています。

現在は、2階の2室を『曜日貸しオフィス“WEEK”』として9曜日8テナントさんにご提供しています(2曜日利用が1社)。また、コワーキング会員なら、ラウンジ1席15,000円で追加することも可能です。会社の規模にかかわらずご相談に乗りますので、ぜひお問い合わせしていただきたいですね」

*       *       *       *       *

今や働き方もオフィスも柔軟に検討してみたい時代。ここをオフィスとして構えることはもちろん、いくつかのサブオフィスを持つ、サードプレイスとして用意する、そんな選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

ここまで多くのアートをまるで美術館のように毎日肌で感じられるシェアオフィスはほかにはありませんね。アート好きな方でもそうでない方でも、ぜひ一度内覧に足を運んでいただければと思います!

↓↓↓ メイキング動画や3Dオフィス案内も見られますヨ♪ ↓↓↓

InformationA YOTSUYA https://a.yotsuya-office.jp/#about

■所在地:〒160-0003 東京新宿区四谷本塩町2-8
■運営会社:サンフロンティア不動産株式会社
■総合内装空間プロディース:SPLINE,LLC 
■席数:デスク6名・8名・12名個室+ラウンジ4、屋上テラス、イベントスペース

*ブルックリンロースティングカンパニー http://brooklynroasting.jp/
*ブルックリンブルワリー http://www.brooklynbrewery.jp/
セッキ―

この人が書いた記事一覧へ

ライタープロフィール

2014年入社、当社で初めてライターに挑戦。キャリアのスタートは銀行員、その後リクルートグループ、大手税理士法人、スポーツアパレルなど複数の事業会社で管理部門、企画部門、秘書などを経験しながらカルチャーショックのシャワーを浴びまくる。2度の高齢出産を経て復職し、現在家事・育児・リモートワークに奮闘する毎日。無類のコーヒー好きで趣味はハンドメイド。いつかはインタビューされる側になりたい!

この人が書いた記事一覧へ

セッキ―

この人が書いた記事一覧へ

ライタープロフィール

2014年入社、当社で初めてライターに挑戦。キャリアのスタートは銀行員、その後リクルートグループ、大手税理士法人、スポーツアパレルなど複数の事業会社で管理部門、企画部門、秘書などを経験しながらカルチャーショックのシャワーを浴びまくる。2度の高齢出産を経て復職し、現在家事・育児・リモートワークに奮闘する毎日。無類のコーヒー好きで趣味はハンドメイド。いつかはインタビューされる側になりたい!

この人が書いた記事一覧へ

  • すべて
  • 気になるオフィス!
  • 気になるこの人!
  • 気になるグッズ!
  • 気になるワダイ!

気になるワダイ!

「3つの脱」で退路を断ったDX注目企業~ウイングアーク1st の改革最前線~

2021.03.26

「3つの脱」で退路を断ったDX注目企業~ウイングアーク1st の改革最前線~

気になるワダイ!

「総務さん知らなかったの?」ではすまない、、点在する社員をどう守る?今アップデートしたいのは“リスク情報キャッチ力”

2021.03.23

「総務さん知らなかったの?」ではすまない、、点在する社員をどう守る?今アップデートしたいのは“リスク情報キャッチ力”

気になるワダイ!

「タニモク」に参加してみた ~”他人に目標を立ててもらう”新しいワークショップを体験取材!~

2021.03.19

「タニモク」に参加してみた ~”他人に目標を立ててもらう”新しいワークショップを体験取材!~

気になるワダイ!

脱炭素時代に総務担当者が知っておきたい、CO2排出量見える化ツール~「zeroboard(ゼロボード)」~

2021.03.05

脱炭素時代に総務担当者が知っておきたい、CO2排出量見える化ツール~「zeroboard(ゼロボード)」~

オフィスのソムリエサービスとは?

オフィスの日常運営におけるニーズやオフィスの構築・移転・改修に関するご相談、お問い合わせに、経験豊富なスタッフがお答えいたします。お問い合わせ・資料請求はお気軽にどうぞ。

当法人は、みなさんの協賛を得て
活動しております。

And more